レンタル倉庫の選び方|貸倉庫やトランクルームなどの利用はネットがお得!簡単便利に利用可能

条件にこだわる

レンタル倉庫を借りる場合には、ご自身または自社でどのような目的で物件を借りるのかを考えておきましょう。ネットでは様々な条件から物件を厳選することができます。そのため、こだわるべき条件を知り優良物件を見つけましょう。

レンタル倉庫でこだわるべき条件

no.1

価格

レンタル倉庫は物件によって品質が異なり、それに伴い月々にかかる費用が大きく異なります。もちろん、品質がいいに越したことはありませんが、個人または法人で借りる際にはその価格に見合った運用ができるのかを考えておきましょう。

no.2

防犯設備

在庫や備品を預けるといっても、こちら側としては大切なものです。だからこそ、レンタル倉庫を選ぶ際には、防犯設備の有無を重視すべきでしょう。防犯設備があるかないかだけで、安全性がかなり違ってきます。

no.3

空調・換気設備

空調・換気設備が整っている物件を選ぶことで預ける在庫や備品に劣化のリスクを最小限に抑えることができます。やはり空調・換気設備が整ってないとカビが生える原因になります。そのため、最適な湿度を保つためにも空調・換気設備は大切でしょう。

レンタル倉庫の選び方

作業員

レンタル倉庫とは

レンタル倉庫とは人が住める物件とは違い、水回りや電気設備が整っておらず、物を収納するためだけに作られた物件のことになります。このレンタル倉庫ではスペースだけを貸し出しており、比較的に安い値段で物件を借りることができることが特徴的です。そのため、多くの方々から収納スペースとして人気があり、利用されているのです。

レンタル倉庫とレンタル金庫

レンタル倉庫の中でも、現金や有価証券、通帳など価値が高いものを預けることを目的としている物件がレンタル金庫になります。レンタル金庫は銀行が運営しているので、セキュリティは万全ですが、その分一ヶ月にかかる費用がかなり高いです。しかし、オフィスにおいておけないような高価なものがある際には、安全性を考慮し、レンタル金庫を利用するのもいいでしょう。

法律による違い

レンタル倉庫を提供している業者には、倉庫業法に基づいてレンタル倉庫を運営している業者と通常の賃貸住宅法に基づいてレンタル倉庫を運営している業者の二種類あります。通常の賃貸住宅法に基づいて運営している業者では、料金がリーズナブルという魅力があります。一方、倉庫業法に基づいてレンタル倉庫を運営している業者は、法律が厳しいためにセキュリティや物件の品質が高いところが多いです。

変化する値段

レンタル倉庫の料金は、広さ、契約期間、セキュリティ、立地条件など様々なことから変化します。しかし確実に言えることは、広くてセキュリティが万全かつ都心に近い物件を長期間借りたいというのが一番高くつくということです。もちろん、物件にこだわることも大切ですが、運用目的によって物件選びを行なうことが賢明でしょう。

広告募集中